どうやって探す?あなたが入るがん保険

損保のがん保険

最近のがん保険を見てみると、実にいろいろな保険会社から販売されていることが分かります。
生保会社でももちろん、がん保険の販売を行っています。
それ以外でも、損保会社でも、がん保険の販売をしていることもあります。
ところで、もし損保系の会社のがん保険に加入する場合に、ひとつ覚えておくべきポイントがあります。
それは、損保会社の提供しているがん保険の中には、給付金の支払いについて、実損払いの方式をとっている商品が含まれている可能性があると言うことです。
実損払いという言葉は、普通の人にはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。
実損払いとは、もしがんと診断をされて、入院や手術をした、その後通院をして治療をしているという場合に、実際に治療費としてかかった分だけの補償をすることを指します。
治療費のほかにも、診断書を作成した時の文書料や手数料についても負担をしてくれるケースが多いです。
例えば、がん治療の中には、保険の対象になるような治療法もいろいろとあります。
この場合、あなたが負担をすべき額は治療費の3割と言うことになります。
もし保険の適用されるような治療を受けた場合には、この3割分が給付金として給付される形になります。
しかし未承認や適用の該当から外れている抗がん剤を治療することになって、適用外の薬剤を投与された、検査を受けたということになると、これは自由診療の扱いになります。
このような自由診療の場合、原則として保険が適用されずに、全額自己負担と言う形になってしまいます。
このような場合には、治療にかかった費用全額に対して、給付金が下りると言う形になります。
保障内容についてですが、保健外車ごとで規定が少しずつ異なってくる可能性があります。
差額ベッド代がどうなるのか、親族が付き添いになる場合には、その費用はどうなるのか、ホームヘルパーの雇用費用はどうなるのか、もし子供を預けることになった場合、その保育園の費用をねん出してくれるのかと言った所は、損保会社によって、判断が変わってきます。
さらには、通院をすることになった場合、その交通費も面倒を見てくれるがん保険もあれば、そうでない商品もあります。
また保証額についてですが、上限があらかじめ設定されている商品もあります。
他には、複数の保険に加入している場合には、他の保険から出る給付額を調整して、支払われる給付金が減額される可能性もあります。
さらには、治療を受ける前に、いちいち保険会社の承認が必要など、いろいろな保険がありますので、加入前にしっかりと確認しておきましょう。
Search
Copyright (C)2018どうやって探す?あなたが入るがん保険.All rights reserved.