どうやって探す?あなたが入るがん保険

特約をどうするか

現在の保険を見てみると、自分で商品をカスタマイズすることができるように設定されているものが多いことが分かります。
すなわち、特約などをつけることによって、より自分の必要な保障だけをつけることができるようになっているわけです。
がん保険の場合にも、いろいろと特約を付けることができるようになっていると思います。
ところで、がん保険に加入する時、どのような特約を付けるのが最もいいのでしょうか?
もしがん保険に特約を付けるのであれば、先進医療の特約を付けるべきでしょう。
先進医療とは、まだ厚生労働省によって認可されていない、がんの最新の治療法に対応をした特約のことを指します。
最新に治療法は、確かにがん治療に対して、より大きな効果を期待することができるのは確かです。
しかし一方で、先進医療は、どうしても費用が高くなっています。
厚生労働省が認可をしていないので、保険の対象外の治療になってしまいます。
ですから、自由診療扱いになってしまって、全額自己負担にせざるを得なくなってしまいます。
なかには、先進治療を受けることになった場合、300万円程度の治療費が発生する可能性もあります。
これを自分で全額負担することになれば、かなりの経済的な打撃になってしまうでしょう。
家族がいる人の場合、家族の生活にも直結するような問題になってしまいます。
もし先進医療の特約を、自分のがん保険につけていれば、上で紹介したような高額治療でも、保険会社が負担をしてくれるので、経済的な問題を心配することなく、治療の可能性の高い先進医療を受けることができるようになります。
ただしもしがん保険以外にも、医療保険に加入をしていて、そちらの特約として、先進医療の特約を付けているのであれば、がん保険には特約を付ける必要はないでしょう。
結局重複をしてしまいますので、その効果が限定的になってしまうからです。
またがん保険の特約として、死亡保障をつけることができるようになっている商品もあります。
いわゆる生命保険のように、がんが原因で死亡してしまった場合、残された家族が保険金を受け取ることができるようになる特約のことを指します。
しかしこの特約については、つけるべきかどうかは、慎重に検討を加える必要があります。
すでに生命保険に加入しているとか、医療保険の中に似たような特約をつけているのであれば、わざわざ保険料を高くしてでもつける特約ではないでしょう。
Search
Copyright (C)2018どうやって探す?あなたが入るがん保険.All rights reserved.